【インデックス投資】損をしている時だからこそ、考えることがある!!

 

皆さん、こんにちは!!本木 ろくです。

株価が最近は少し持ち直したとはいえ、まだまだ損をしている方もいると思います。

ろくはインデックス投資をしているのですが、全体で見るとやっぱり損をしている状況です。

 

2016030604

損をしていたとしても、損をしているという事は株価が安く買えるんでラッキーっと思えればいいのですが、もしそうでないとすると何か運用に問題があるかもしれません。

投資をしていて一番いい状態は、「株価が上がっても下がっても気にならないし、どっちに転んでもいい」と思えるかどうかです。

 

 生活防衛資金は足りてますか?

以前の記事「【インデックス投資】株価が下がっている時だから、生活防衛資金を見直しました!!」でも書きましたが、ろくは生活防衛資金の金額を増やしました。

具体的には、生活費の2年分を用意していたのを5年分に2.5倍に引き上げたのです。

投資をして運用している資金とは別に、5年分の生活費があると気持ちが楽になりました。

ろくにとっては、生活費の2年分では少なかった(自分には合ってなかった)ことになります。

 

 投資金額が大きくないですか?

人間は不思議な生き物で、投資で損をした直後は不安な気持ちになります。

ただ時間が経ってくると、損が当たり前な状態になって次第に慣れてくるんですね(^.^)

これが良いことなのかわかりませんが、実際にそういう気持ちになったのも事実。

あと、これは偶然なのですが、去年の年末に投資金額がろくには少し大きくなりすぎた感があったので、毎月の積立金額を5万円から1万円に下げたのですね。

投資金額が大きいと感じたら、積立金額の減額もありだと思います。

一番やってはいけないのが、怖くなって市場から撤退することですから、極端な話で言いますと、毎月の積立金額が千円でもいいと思うんですよ。

市場にいること、積立を続けることをろく自身も肝に銘じたいと考えています。

 

 ワクワクしてますか?

少し話はそれますが、ろくが小学生の高学年の時に、近くの郵便局で「定額貯金」の預け入れをしました。

その時に郵便局で小さなパンフレットをもらったのです。

そこには、「定額貯金のお金は橋を造ったり、学校を建てたりするお金につかわれます」みたいなことが書かれていました。

小学生のろくはその時、定額貯金の利子をもらう以外にも、住んでいる街の役に立つお金なんだとワクワクした気持ちを持ちました。

でも一方で、何でこんなにいい事なのに、宣伝しないんだろうとも思ったのを覚えています。

話を投資に戻しますと、インデックス投資は世界の株式や債券に投資をしています。

その投じたお金が世界中の会社や国のお役に立っていると思うと、少しの損失くらいどうってことないと思えるし、そんな小さなことよりも、大切なことをしていると個人的には思うのです。

↓↓ポチッと押してもらえると、執筆の励みになります!!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
どうぞよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)