日本株式の投資信託でどれくらい下がったのか? を公開します

 

皆さん、こんにちは!!本木 ろくです。

ろくは投資先として投資信託(インデックスファンド)を利用しています。

購入している投資信託の中から、日本の株式に投資している投資信託が、今回大きく日本株が下落していますので、どれくらいの金額が下がってしまったのか?を公開したいと思います。

(書き終わるのが遅くなってしまったので、少し前のデータになります。ごめんなさい)

投資信託: 国内株式指数ファンド(TOPIX)

運用会社: 三井住友アセットマネジメント

購入先: 三井住友銀行 ※画像は三井住友銀行のサイトより頂戴しました

国内株式指数ファンド(TOPIX) 交付目論見書
交付目論見書(投信のパンフレットみたいなものです)

国内株式指数ファンド(TOPIX) 折れ線グラフ 大幅に下落

グラフの赤い矢印が今回、株式市場が大きく下落した期間になります。

8/10 基準価格 20,623円
9/4 基準価格 17,606円
基準価格の差 3,017円 × 購入口数 962,928

約290,000円 投資信託の価格が下落したことになります。下落率で言うと、約15%くらいです。

 

 投資する前にいくら下がってもいいか考える

ろくは、この投資信託が50%下がってもいいと考えて投資を始めました。

これからも、日本株の下落が続くかもしれませんが、ろくが想定している50%にはまだ達していません。

もしも、仕事中も投資の事が気になって、パソコンやスマホで価格をチェックしたり、頭から離れないようなら投資している金額が多過ぎるサインです。

自分自身が、いくらまでなら下がってもいいのか?を投資する前に決めておく。そして今回のような下落局面では、自分が決めた下落率や下落額の想定内かどうか?と、価格の下落が気になっていないか?をチェックする場面です。

 

↓↓ポチッと押してもらえると、執筆の励みになります!!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
どうぞよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)