ろくの自己紹介追記。もっともっとろくのことをお話しします

 

ore004

皆さん、こんにちは!!本木 ろくです。

もっともっとろくのことをお話しします。
要らんて、そんなん言わんとってー(笑)。

今からざっと10年近く前、ろくはズンドコ……じゃなくてドンゾコでした。
今から思えばですが。

あの時のろくは、

「今ならまだ若い(当時ギリギリ二十代)から、どうにかなる!!」

と思って会社を辞めてしまいましたが、どうにもなりませんでした。

面接に行けども行けども落ち続け、貯金がどんどんなくなっていき……その上、住宅ローンもありました。
住宅ローンはざっと残高2000万円ぐらいでした。

その時、ろくには妻と一匹の犬が居ました。
妻のなながフルタイムで働いてくれましたが非正規雇用でした。
ろくの給料で人生設計を立ててしまっていたために、ななが働いてくれてもマイナスでした。

マイナスはほんの少しだったけど、それでも心理的には結構イタイもんでした。

ろくはそれまで、

「最初が肝心だから正社員しか受けない。就職活動に専念するためにバイトもしない!!」

と言っていたのですが、ここまで長期化するとさすがにヤバいと思い始め、せめて面接時の交通費の足しにでもなればと考えてコンビニの扉を叩いたのです。

……いや、自動ドアでしたねそう言えば。

しかし、あの時の経験がろくの人生を変えました!!
仕方なしに始めた節約……やってみると結構面白くてハマってしまいました。

電気は使わないものはプラグを抜くとか。
スーパーは三軒回って一番安いところから買う(それもアイテム毎に最安値のところで)とか。
ガスを使わないで水でシャワーを浴びるとか(もちろん夏のみ)。

……最後のは風邪を引いたので二度としませんでしたが。

そんなこんなで意外と楽しい節約ライフを送っていたような気がします。

その後ろくはあきらめずに、何度も面接に行ってついに仕事が決まりました。
決まった仕事は残念ながら正社員ではなく、派遣社員でした。

ですが、時給はコンビニの時よりも1.5倍以上増えましたので、本当にありがたかったです。

その会社でがんばったろくはやがて契約社員になり、他部署で正社員の募集があることを社員の上司に教えてもらって面接を受け、そこで受かったので正社員になりました。
今もその会社にお世話になっております。

このページを見て居られる方の中には、ろくと同じようにアルバイトをされている方も居られると思います。

ろくでもなんとかなりました。
皆さんも皆さんに合った方法で、未来を切り開いて行って頂けたら嬉しいです。

何も正社員を目指すことだけがその方法ではありません。
副業を持つのも良いし、起業するのもまた一つの方法だと思います。

拾って頂いた今の会社ですが、こんな感じで割りと契約または派遣社員にも採用の門戸が開かれている一方で、社員でも不要と判断されたら容赦なくリストラするような非情な会社です。

つまり、

「優秀な人物は契約だろうが派遣だろうが差別せず幅広く登用しようとする一方で、無能と判断したら社員でも要らない」

というドライな考え方の会社なのです。
上場している程の大きな会社ではないので、できる技なんですかね。
というわけで、

『ピンチはチャンス、チャンスはピンチ』

なのです。
あの時、拾って頂いたのは、本当に感謝しているのです……が……。

ろく自身、一寸先は闇です。
また、妻のななが先に書いていたようですが、ろくは社長直々にお説教されるという恥ずかしい汚点を残してしまいました。
すんごいヤバいです。

そういう理由で、ろく自身、ここ最近は起業のことを考えない日はありません。
でも起業のことを考えると、今のお仕事にも十分役に立つし気持ちも楽になるんですよね。

節約の話だけではなく、そういう話もちびちび書いていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

※なお、この文章はろくがメモ書きの雑多なものを寄越してきて、なながそれを読めるような文章に起こして書いています。ろく、自分で全部書きや! お客様にも失礼やで!(byなな)

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
どうぞよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)